住宅ローン どんな種類があるの?

住宅ローンは大まかに分類しますと

公的ローン(公庫融資)   民間ローン フラット35(公庫証券化ローン) その他(財形融資)などの種類に分けることができます。

さらに、それぞれのローンも、いくつか細かく分類されます。 それでは、まず民間ローンについて見ていきましょう。

民間ローン 

大きく分けて提携ローン非提携ローンの2種類があります。

提携ローンは、金融機関と不動産会社、金融機関と勤務先が提携している住宅ローンのことで、非提携ローンはそれ以外の住宅ローンのことを指します。

提携ローンは金利優遇などが受けられるケースが多いのですが、利用できる金融機関が限られているのが難点です。

非提携ローンは自分で金融機関を選べるというメリットがあります。

民間ローンは、銀行、信用金庫、労働金庫、JA(農業協同組合)や、ノンバンクなどで取り扱われています。 

各取り扱い機関によって、様々な種類の商品が登場し、金利や返済期間、商品内容が違います。

民間ローンの金利は、年2回見直される変動金利と一定期間固定される固定期間選択型が主流となっています。

   住宅ローンの見直しで700万円節約に成功!








    住宅ローンの審査と返済シュミレーションのトップへ


住宅ローンの基本を学びましょう

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済方法

フラット35について

借り換えについて学びましょう

住宅ローンに関する税金

住宅ローン審査について

住宅ローンにかかる諸費用

各種住宅ローン商品について

金利の上昇に備えて

タイプ別オススメローン



 運営者情報

 住宅ローン関連リンク集

 リンクについて